寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ/仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ! 感想
img_90059_38333428_0.jpg

連日暑い日が続き、外に出るのも億劫でしたけど、ゴーバスターズが好きということと、フォーゼの監督がMOVIE大戦MEGAMAXなどを制作した坂本監督ということで視聴してきました。ネタバレ注意です。
 まずゴーバスターズ。エンターの仕掛けてきた攻撃の規模は大きかったものの、基本的にテレビの延長といった感じの話でした。キャラの成長を描くわけにもいかなかったのか、敵を打ち破る、という単純な作りでしたが、アクションがテレビより格段にかっこよくなってきた気がします。

 エネたんという映画限定バディロイドがとても可愛く、帰ってきて録画していた特番を見て、声を演じていたのが辻希美と知ってびっくり。全然わからなかった・・・。
 どうせなら人間嫌いっぽいエネたんと絆を深めるような話にすればもっと映画っぽくなった気はします。完全に状況打開(バディロイドがさび付く)のためのキャラという状態だったのが残念。

 エンターが搭乗していたメガゾード・タイプイプシロンがこれまでにないかっこよさでした。本編にもいずれ出そうですね。やられて浜辺に打ち捨てられていたエンターが哀愁を誘いました。

 というわけで「特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!」感想でした。基本的にはアクションのかっこよさが全面に出ていて、最初のタイトルが出るところで、わたしはすでに涙目になってました(笑)。なぜか涙が出るかっこよさだった・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 さて次は仮面ライダーフォーゼです。こっちは期待しすぎた分もあったのか、ちょっと物足りなく感じました。

 まずストーリーですが、これはまぁ問題なし。宇宙鉄人たちが衛星兵器をつかって日本を滅ぼそうとし、ライダー部に協力を依頼してきた人物が実はキョーダインという敵だった・・・という感じで、正体を臭わせる伏線もちゃんとあって丁寧に作られていました。

 気になったのはホロスコープススイッチの存在です。コピー・ホロスコープスが登場してフォーゼ、メテオが相手をしますが、まさかあのためだけ? フォーゼも四十個くらいスイッチをそこで使いますが、火薬がやたらと多いということや個性的な敵が多いということもあって、アクションが見難いところが多々ありました。
 倒しきれず、そこでウィザードが出てくる展開はよかった。というかウィザードがかっこよかった。ベルトの音声はよく聞き取れませんでしたが、フォーゼよりは慣れが必要な音声っぽいのでテレビ開始が待ち遠しいです。

 ロボとも絆を作る、がテーマのひとつとしてあったみたいですが、敵であるキョーダインと友達にならなかったのはちょっと違和感というか、残念でした。今まで弦太郎はゾディアーツから元に戻った生徒たちと友達になっていたので、利用されていたXVIIだけでなく、キョーダインとも倒すだけでなく友達になってほしかった・・・。この様子だとテレビ放送の本編でも、理事長とは友達にならず悪の根源として倒してしまう・・・なんてことがありそうだ。

 これまた気になった点ですが、生身のアクションが多かったのも坂本監督の特徴のようで、今回のインガみたいなキャラや、ライダー部の面々ならまだわかりますが、弦太郎や流星は生身アクションちょっとにして、早々と変身した方がいい気がしました。映画を見ていた子供たちも「変身! 変身!」とか「なんで変身しないの?」とか言っていて、確かに変身しないことに違和感が出ている気がしましたので。流星とインガのシーンなどは同じ流派を表現しないといけませんから、仕方ないんでしょうけど・・・。生身のアクション自体は素晴らしかったです。

 ピンチのときにスイッチをくばっていくライダー部と、懐かしい面々が出てきたところは感動しましたね。そしてメテオフュージョンステイツが意外とかっこいい。映画であまり出番のなかったメテオギャラクシーの出番が多かったのが個人的に収穫でした。しかし何より、ブラックナイトやキョーダインという鉄人たちがかっこよかったのが一番大きいです。
 ライダー部と助けてきた人たちの絆が試される話でもありましたが、映画限定の面々との関係は流星・インガとフォーゼ・XVIIくらいだったので、あまり深くは描かれなかったのが残念。

 というわけで「仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!」感想でした。屋上で理事長の上を通過した巨大な物体は何だったんだろう・・・? 財団Xのロケット・エクソダスかな?

 面白かったのは確かですが、何度も号泣したMOVIE大戦MEGAMAXよりは劣るかな、と思いました。フォーゼとゴーバス、一緒ではなく個別にやってくれたらもっと尺が増えて、それぞれさらに魅力が増したと思うのですが、仕方ないですね・・・。ウィザード&フォーゼのMOVIE大戦ではMEGAMAXを越えてくれるか気になるので、こちらも見に行ってみようかと思ってます。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。